酒乃竹屋公式ホームページ

酒粕の竹屋楽天ショップページ

◆スポンサーサイト

  

Posted by スポンサー広告 at

2010年05月25日

◆記念すべき第一話

いよいよ竹屋物語始まります!

それは若が10歳ぐらいの時までさかのぼります。

「あの向こうに見えてるデカイ家 あれがオレの家ばい!」

これが若が小さなころに友達に家を教えるときの

言葉だった。

若の家は下が全部倉庫になっているためよその

家より背が高いのである。

デカイ家が自慢の若だった。

そして、その当時の夢といえば…


小学3年生の時の授業で全員、将来の夢を書きなさい

というのがあった。

その時みんながサッカー選手になるとか野球選手になる

とか書いている中

若は

「親の後を継いで酒屋になる」

おそらく一言一句間違えていない。

それを見た先生は

「もう少し違うことを書きなさい」と…

仕方無く書き直した記憶がある。

そんな古臭い少年だった。


  


Posted by 酒乃竹屋 at 19:06Comments(2)竹屋物語