酒乃竹屋公式ホームページ

酒粕の竹屋楽天ショップページ

  

Posted by at

2010年05月29日

◆踏込み酒粕

今年も今の時点で少し粕を踏込んでいる。












これじゃあまり色の違いとか硬さの違いは

伝わらないかもしれませんが微妙に違います。

今年はなるべくいろいろな要望にこたえれるように

したいと考えています。

1キロからの量り売りに対応し、皆様のおいしく

幸せな食生活をお手伝いいたします。




ちなみにこれにも酒粕を踏込みます!

踏込んだ酒粕(すぐに漬けれます)は


10キロ 2,800円

お問い合わせは

酒乃竹屋

電話0120-100-753まで





  


Posted by 酒乃竹屋 at 23:14Comments(0)酒粕、奈良漬だより

2010年05月29日

◆竹屋物語 第4話(がばいばあちゃん2)

前にも述べたように若は幼少のころは

ばあちゃんと姉と過ごした時間がほとんど

子供のころの若はよくケガをした。

4,5回骨折とかでギブスをした生活をしていた。

すると手の時は良いけど足の時は歩いて学校に行けない。

すると行きは送ってもらっても帰りは、ばあちゃんしかいない。

しかし、ばあちゃんは車に乗れない。

当時のばあちゃんの移動手段は自転車のみだ

ただその自転車は後ろのタイヤが二つ付いた三輪車に

なっていて、その三輪車の後ろには大きめのかごがついている。

その後ろのかごにスッポリ入って家まで帰っていた。

十数人いる孫のなかで一番ばあちゃんと接したのが

若じゃないかと思う。その分よく喧嘩もした。

ある日の出来事。

ばあちゃん「今日の夜はなん食べるね」

若 「なんでんよか」

ばあちゃん「なんでんよかじゃわからん」

若 「なんでんよかやん」

ばあちゃん「毎日やんけん何が食べたいか言わんと

      ばあちゃんも考えきらん」

若 「じゃあ毎日オムレツでよか」

ばあちゃん「わかった」

ちなみにばあちゃんのオムレツはとても美味しいので

若のお気に入りだった。

すると翌日オムレツ。

その翌日 オムレツ。

その翌日 オムレツ。

ばあちゃんも根性入っていた。

さすがに3連ちゃんのオムレツに若もうんざり。

4日目に

若 「何か違うとばして」

ばあちゃん「何がよか」

若 「なんでんよか」

そんな感じでしょっちゅう喧嘩だった。

次号へつづく



  


Posted by 酒乃竹屋 at 08:40Comments(3)竹屋物語

2010年05月28日

◆竹屋物語 第3話(がばいばあちゃん)

竹屋物語第3話は

がばいばあちゃんのような話。

親の愛情に多少、飢えていたのか若

小学4年生ぐらいの時、ある日、突然

13キロ程離れた小森野町の酒屋まで

自転車で行った。

さすがに子供が子供用の自転車で行くには

ちょっと距離がある。しかも普段、車で行っている

堤防を自転車をこいでひたすら親の元へ向かったのだ。

行ったことは記憶にあるがそのときの詳しいことは

覚えていない。聞くところによると店に着いたら

泣きだしたそうだ。たどり着いた安心といろいろな

ものがあったのだろう。

そして、「もう危ないから絶対来ちゃいかんよ」

と怒られて夜に車で親と一緒に家へ帰ったのである。


しかし、それが中学生のころには

自転車で店まで行くのがあたりまえになって

たまに親に

若  「迎えに来て」

と頼んでも

オカン「なんがね、留守番もおらんとに自転車でこんね」

ですもんねー

恐ろし恐ろし。

というわけで今日は若の小さな頃の

少し泣ける話。


次号へつづく  


Posted by 酒乃竹屋 at 15:17Comments(0)竹屋物語

2010年05月27日

◆竹屋物語 第2話

若の自宅は城島町。

そして久留米市の小森野町で酒屋を経営、

自宅の下では空瓶の回収業と酒粕の販売業を

営んでいた。酒屋が出店(でみせ)だったため

オトン、オカンと接するのは

オカンは朝の学校に出るまでの時間だけ

オトンはあまり接する時間はなかった。

後は、ばあちゃんに面倒をみてもらっていた。

夜ごはんはいつも、ばあちゃんと姉の3人だ。

まだまだ小さかった若は、まだまだ親に甘えたいころ

学校から帰って来て、たまたまオトンが仕事に

出ようとトラックで準備をしていると、もしかして

若に「着いて来るか?」と言ってもらえないかと

オトンの近くをウロウロしていた。

ごくまれに言ってもらえた。

その時の嬉しさを今でも覚えている。

小さな頃に親とあまり接していないからか

あまり反抗をした記憶はない(中学、高校の頃も)

その代わり、あまり遊んでもらった記憶もないが…


次号へつづく  


Posted by 酒乃竹屋 at 23:26Comments(0)竹屋物語

2010年05月25日

◆記念すべき第一話

いよいよ竹屋物語始まります!

それは若が10歳ぐらいの時までさかのぼります。

「あの向こうに見えてるデカイ家 あれがオレの家ばい!」

これが若が小さなころに友達に家を教えるときの

言葉だった。

若の家は下が全部倉庫になっているためよその

家より背が高いのである。

デカイ家が自慢の若だった。

そして、その当時の夢といえば…


小学3年生の時の授業で全員、将来の夢を書きなさい

というのがあった。

その時みんながサッカー選手になるとか野球選手になる

とか書いている中

若は

「親の後を継いで酒屋になる」

おそらく一言一句間違えていない。

それを見た先生は

「もう少し違うことを書きなさい」と…

仕方無く書き直した記憶がある。

そんな古臭い少年だった。


  


Posted by 酒乃竹屋 at 19:06Comments(2)竹屋物語

2010年05月24日

◆やり直し竹屋物語!

遂に竹屋物語復活です!

といっても実は同じ内容。

というのは最近、竹屋物語の読者の方が

少し現れてきた。

そこで若も読み返してみたが、読みづらい

完成度が低い。

そこでもう一度書き直します。

少し詳しく、もっとおもしろく、もっと

泣ける内容にできればと思います。



主なキャストの紹介

若   私 江上隆彦

オトン 江上栄二(栄介)

オカン 江上秀子

嫁   江上十代

姫   江上陽奈乃

姉   戸川美香

兄   戸川吉幸


今後とも宜しくお願いいたします!  


Posted by 酒乃竹屋 at 22:54Comments(3)竹屋物語

2010年05月11日

◆酒粕遂に20トン

遂に我社の今年の酒粕販売も20トンを

達成しそうだ。

オトン、オカンの冷や冷するなか

若の強気の姿勢は変わらなかった。

内心一番ハラハラしていたのは若だが…

何とか20トンまでこぎ着けた。


しかーし!

今年の目標25トンまでには、まだまだだ。

最後の最後まで目標達成に向けて努力してまいります。

決して、決して、決して諦めません!


以上 あくまで途中報告。

それと最近ご無沙汰ですみません。

ばんがります! 
  


Posted by 酒乃竹屋 at 23:37Comments(4)酒粕、奈良漬だより