酒乃竹屋公式ホームページ

酒粕の竹屋楽天ショップページ

  

Posted by at

2010年06月02日

◆頑張れ旭菊!

若は消防団に入っている。

先日、メールが入ってきた。

みてみると

いつもの火災のメールか!

消防団なので久留米市内の火災はメールで連絡が

くるのだ。

内容

火災発生

覚知日時:05/31 15:43

一般火災 久留米市42分団管内

住所 久留米市三潴町壱町原403

目標 旭菊酒造北西 

わっ近い、その方角を見ればもの凄い煙だ。

すると海苔屋のけん坊から電話

けん坊 「旭菊の燃えよるばい」

若  「ウソー」

けん坊 「マジやん」

急いでで旭菊に向かった。

見ると蔵の中が火の海になっているのが

ガラス越しにわかる。

呆然とした。

すぐ事務所に向かった、消防署員の方が

慌ただしく動いている。

人的な被害はないとすぐわかった

我に戻って裏に走っていくと仲間がぞくぞくかけつけてきた

ホースを持って走りまわり、放水を開始した。

もの凄い水圧に耐え、水をかけながら

いろんな思いがよみがえってきた。

旭菊に初めて電話を入れて取引をしたいとお願いした時

その後にうちに旭菊の常務さんが来ていろんな話をした事

初めて旭菊のお酒が店に並んだときの事

旭菊の綾花の販売を開始したときの事

初めて旭菊の蔵で一緒に酒造りをしたときの事

今年初めてチャレンジされたお酒の事

考えていると涙がこみ上げてきた。

必死でホースを持っていた。

すると野次馬達の無責任な話し声が聞こえてきて腹が立ち始めた。

消防団の存在意義をしみじみ感じた。

当店が最も応援する蔵、旭菊酒造

きっと復活できる。きっとまた、あのおいしい燗上がりの

する純米酒は帰ってくるはずです。

皆さん旭菊を応援しましょう。

当店は今後も旭菊酒造を応援し続けます。

頑張れ旭菊!

  


Posted by 酒乃竹屋 at 21:50Comments(2)泣ける話