酒乃竹屋公式ホームページ

酒粕の竹屋楽天ショップページ

  

Posted by at

2010年06月22日

◆竹屋物語 第6話

平和な小学生生活を送った若だが

中学生になるとついに衝撃の事実を知ることになる

うちはお金持ちだ と思っていた若が

そうでないと気付くきっかけはオトンの出稼ぎ

トラックの運転手をするのに福岡まで家族で

仕事を探しに行ったこともあった。

オカンが一人で店をすることになるので

店のセキュリティーも整えた(お客さんが入ってきたら

ピンポンとなる今では当たり前のベルだけだが)

そして、遂にオトンはトラックに乗り始めたのであった。

ただ、若は以外にその当時の思い出も多い

中学生の頃の若は夏休みや春休みなど長期休みの時は

いつもオトンのトラックについて行った。

ただ問題は部活

若は今の体系からは想像がつかないだろうがテニス部だった

しかしオトンのトラックについて行くので練習は全部さぼる

しかも若は一応レギュラー

ついに先生もキレた!

サボった連中だけ呼び出してやかましく叱ったあと

休んだ日数分、学校の周りの1.2キロのコースを10周しろって言うんです

3日休んだ者は3日間、12キロ走れと…

でも若は全部でしょ来る日も来る日も12キロのランニングなんです

しかも友達はさすがに3日とか4日で終わるから遂には若一人

しばらく経って先生に

若 「自分はいつまで走ったらいいですか?」

と聞いたら

先生「おまえは1日も来てないんだから日数分じゃない

   オレがいいというまで毎日だ」



若はずっとランニングだけが練習だった

しかし、その先生も若を試合には使ってくれた

今ではよい思い出です。

長くなりましたがこの第6話で若が言いたいのは

若はそれだけ親孝行だったということです!

以上   次号へつづく
  


Posted by 酒乃竹屋 at 09:57Comments(1)竹屋物語

2010年06月13日

◆おかあさんの歌

最近、うちの姫は幼稚園で歌をよく歌っている

みたいだ。

めだかの歌、ぱぱの歌、いろいろあるが

おかあさんの歌で昔話を思い出した。

おかあさんの歌とは

おかーあさん なぁーに♪

おかーあさんって いいにおい♪

こんな歌だ!


それを

昔、

姉は


おかーあさん なぁーに♪

ここまでは普通


おかーあさんって


くさい♪

作詞 作曲 (一部)戸川美香

編曲 戸川美香

うちの姫はそんなことを

言いだす日が来るのだろうか?
  


Posted by 酒乃竹屋 at 22:04Comments(1)笑える話

2010年06月04日

◆姫のお気に入り

この前の日曜日に大分のハーモニーランドに

行ってきた。

そこで手に入れた姫のお気に入りです。

これがよくできている。




お散歩キティーです。

空気を調整してちょうど立った状態をキープする。

姫は「キティーちゃんとお散歩する」

と とても喜んでいます!
  


Posted by 酒乃竹屋 at 08:33Comments(1)若ばなし

2010年06月02日

◆頑張れ旭菊!

若は消防団に入っている。

先日、メールが入ってきた。

みてみると

いつもの火災のメールか!

消防団なので久留米市内の火災はメールで連絡が

くるのだ。

内容

火災発生

覚知日時:05/31 15:43

一般火災 久留米市42分団管内

住所 久留米市三潴町壱町原403

目標 旭菊酒造北西 

わっ近い、その方角を見ればもの凄い煙だ。

すると海苔屋のけん坊から電話

けん坊 「旭菊の燃えよるばい」

若  「ウソー」

けん坊 「マジやん」

急いでで旭菊に向かった。

見ると蔵の中が火の海になっているのが

ガラス越しにわかる。

呆然とした。

すぐ事務所に向かった、消防署員の方が

慌ただしく動いている。

人的な被害はないとすぐわかった

我に戻って裏に走っていくと仲間がぞくぞくかけつけてきた

ホースを持って走りまわり、放水を開始した。

もの凄い水圧に耐え、水をかけながら

いろんな思いがよみがえってきた。

旭菊に初めて電話を入れて取引をしたいとお願いした時

その後にうちに旭菊の常務さんが来ていろんな話をした事

初めて旭菊のお酒が店に並んだときの事

旭菊の綾花の販売を開始したときの事

初めて旭菊の蔵で一緒に酒造りをしたときの事

今年初めてチャレンジされたお酒の事

考えていると涙がこみ上げてきた。

必死でホースを持っていた。

すると野次馬達の無責任な話し声が聞こえてきて腹が立ち始めた。

消防団の存在意義をしみじみ感じた。

当店が最も応援する蔵、旭菊酒造

きっと復活できる。きっとまた、あのおいしい燗上がりの

する純米酒は帰ってくるはずです。

皆さん旭菊を応援しましょう。

当店は今後も旭菊酒造を応援し続けます。

頑張れ旭菊!

  


Posted by 酒乃竹屋 at 21:50Comments(2)泣ける話

2010年06月01日

◆竹屋物語 第5話(平日)

平日は以前も述べたように

城島でばあちゃんと姉と若の3人で

過ごしているのだが、どうしても若が

小さい分利用される。

特に姉

いろんなものを買いに行かせる

いわゆるパシリ。

ある程度のものは小学生なので素直に買いに

いくのだが、(近くのマルショクまで、チャリで)

鬼なのは少女マンガでも買いに行かせるのである。

しかし抵抗できずにチャリを飛ばす。

姉 「わぁー早かったねー」

若 「とばしたもん」

3歳違いぐらいでも姉は弟の心理をよくついている。

姉にまた褒められたくて毎日のように

チャリをとばしてマルショクを往復する若。

そして、ある日、若が小学校の近くに

ちくわに衣をつけて揚げて販売している美味い

店を発見した。といっても店があるわけでもなく

てんぷら屋さんが行けば小売もしてくれるぐらいの

ところだが…それを家に買って帰って食べていると

すかさず

姉 「ひとつちょうだい」

若 「はい」

姉 「えらい美味しか、またこおて来て」

若 「小学校の近くばい、遠かとに」

姉 「たぁーくんならすぐ着くやん。

   自転車早かけん」

若 「よかばい」

当時、足は遅いがチャリだけは早かったのは

下手すりゃ姉のせいか…

毎日チャリをとばす若だった。
  


Posted by 酒乃竹屋 at 22:04Comments(4)竹屋物語